医学部特訓塾新年の決意

新年の決意

明けましておめでとうございます。

2019年初めての投稿となります。

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

医学部特訓塾では、正月の3日間も英語の正月特訓を実施しておりました。

今日は「ひたすら化学」の2日目です。今日も頑張りましょう!

 

さて、表題にもあるように「今年の決意」を書こうと思います。

次年度で大学入試センター試験が最終回となってしまいます。

それに伴い、入試制度も大きく変化するのではないかと思いますが

私大医学部入試はそもそもセンター利用型の人数が少ないため

さほど影響は受けないものと思います。

 

したがって、従前のカリキュラムを突き進めば良いのだろうと思いますが、

英語改革の波などは遅かれ早かれ到達するでしょうから、

リスニングや会話などの学習がいつでもできる環境を整える必要はあると思います。

 

医学部特訓塾は私大医学部を先ずは合格させて、

余力のある人には国公立も・・・とは言っておりますが

実際には隔年位の割合で国公立進学者も出ておりますから

私大入試に導入される前に

国公立大でのTOEIC導入などが決まれば

すぐにでも対応しなければならないと思います。

 

幸い私たちのグループ会社には

1000名以上の生徒が利用するオンライン英会話を運営する会社がありますので

既にハード面は完備しております。

 

これから入試改革の動向を見極めて

こういったハード面をいつから投入していくのかを検討して参ります。

 

もちろん、高校生諸君に対しては

希望者には英会話レッスンを破格のコストで受講していただこうと思います。

 

また、数年前から行っている改革の流れを今年も続けていこうと思います。

質問のしやすい環境を整えること、

面倒見を強化することなど

これまでも改革を行ってまいりましたが、

 

総合偏差値50切るくらいの成績で入塾してくる生徒であれば

一年でキッチリ合格ラインに乗せてしまうことができる仕組みを

さらに強化して作り上げようと思っております。

 

そのため、今年は新規入塾者に対しては2月の後半からは

基本事項を1周する講座を開講し

4月の開講までに

ある程度の基礎学力を身につけた状態にしてしまおうと計画しております。

 

私自身も

7限目に実施している「毎日演習」に参戦し、

化学未修者でも1年で化学を武器にできる体制を作ります。

ちょうど今しごいている生徒たちの学力に秋の中頃には到達できるように

カリキュラムを改革していこうと思っております。

 

目指す頂は高いです。

 

私たちは、道なき道を歩もうとしております。

 

医学部専門予備校なんてどこも同じ・・・なんて決して言わせぬよう、

医学部特訓塾は進化して参ります。

 

でも、まずは目の前の生徒です。

彼らをしっかりと指導し、大輪の花を咲かせようと思います。

 

 

ま、そんな感じで。

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

See you !

その他のブログはこちら もっと見る

夏期講習会最終週

夏期講習会最終週の画像

夏期講習会最終週

遂に夏期講習会も最終週となりました。昨日は記述模試を実施しました。
夏の成果がすぐに表れた方はそれでよいのですが夏の結果がすぐに表れてこない方や
夏に頑張り切れなかった方、きっと焦っていると思います。
確かに夏の1か月はとても大事な期間でしたが済んでしまったことを
後悔しても何も始まりません。

最高の物語の主人公

最高の物語の主人公の画像

最高の物語の主人公

私は、ドラマが好きです。移動で乗り物に乗るときは
プライムビデオをダウンロードしておいてそれを見ることが多いです。
引き込まれるドラマには必ず共通の特徴があります。
それは主人公がピンチに陥ることです。
「あしたのジョー」であれば主人公は、ドヤ街で育ち、
少年院に入れられてしまいます。
現在の大河ドラマであれば渋沢栄一は、倒幕運動をしようと試みて
一歩間違えば戦死したり処刑されていたかもしれない立場だった。

医学部入試と武道の稽古

医学部入試と武道の稽古の画像

医学部入試と武道の稽古

表題を見て、また奇をてらったことを・・・と眉を顰められた方も多いかもしれませんが
本質的な話を書きます!
私は極真空手を20年以上稽古しています。正真正銘の黒帯の正規指導員です。
ぶっちゃけた話、身長180cmくらいのガタイの良い素人さんが入門してきて
スパーリングで突っかかってきたとしてもやられることはまずあり得ません。
(格闘技経験者は別ですよ)
何故かと言えば私達は日々稽古をしており様々なタイプの選手と組手をしてきています。
だから大概の攻撃に対しての防御の準備は出来ています。